5年前卒業しましたが・・・

誕生日イブにだけメッセージを。
エキサイトブログは「いいね」を他ブログの人は押せないようです。
記事はここでご覧くださいね。
http://mahonoai.exblog.jp/
明日62歳になれる予定です。

みなさんのご健康とお幸せを祈っています。
あっという間の5年…ブログ閉じられた方が多いですね。
でも出会えた方との思い出は消えません。。。

はてなダイアリーを卒業します・仲良くしてくださってありがとう

2017.11.21 追記
これからはこのブログ一本で。2009年6月11日開設。
入院中の詩や日記・伝えたい思いをこつこつ綴っています。
ありがとうはまほ(う)のことば 
http://mahonoai.exblog.jp/


                                                                  • -

みなさん、おはようございます。
56歳と214日目の朝です。
57歳まであと5ヶ月。このダイアリーも
2009年12月26日より、今日まで2年7ヶ月
はてなでお世話になりました。
ブログ記事は428日目だそうです。
428・・・縁起がよさそうな数字に思えますよ。



まほは人間が好き。
特に人間が持っている感情・・・
『喜怒哀楽』がとても好きです。


大病し、自分なりに苦しみました。
なぜ人は苦しむのか、
どういう思い方をすればこころ安らぐか、
自分の体験を下に、書き残そうと思いました。


お☆様をいただくことで、
どんなかたが読んで下さっているのか、
またその方々は何に苦しんでおられるのかも
知ることができました。


しあわせのものさしはみな違うと思いますが、
つぶやいているうちに、夢中になり
まほが失敗から学んだことを
みなさんにお伝えしたくなりました。


みなさんにしあわせになってほしいですし、
奇跡的に命が助かったまほが
ご恩返しができると思ったからです。


ふたつのブログをもっていまして、
こちらが本ブログのようになってしまいました。
もとの本ブログを元気なうちは
ぼちぼちやっていきますね。


出会って下さったみなさんから、
多くのしあわせを頂いて来ました。
ほんとうにほんとうにありがとうございました。


せっかく失敗したんだ、
生かさなきゃ損だよ。
(働く君に贈る25の言葉、佐々木常夫)

生きるとは目に見えないものを信じること
http://mahonoai.exblog.jp/8784128/


私たちがそれをはじめないのは、
それがむずかしいからではない。

それをはじめないから
むずかしいのだ。

(イヌが教えるお金持ちになるための知恵、ボード・シェーファー)


2012.06.25 まほ




偉大なる教師・・・それは出会って下さったあなたなのです

みなさん、おはようございます。
56歳と207日目の朝です。
紫陽花には雨が似合います。
誰にでもその人にふさわしいお役目がある・・・
と信じています。
今週もご一緒に嬉しいことを見つけていきましょう。


そういうことなんだ
http://mahonoai.exblog.jp/15569803/


幸運は偉大な教師である。
不運はそれ以上に偉大な教師である。

(ハズリット、イギリス劇作家)

上記の言葉を
誰よりも感じているのが
「まほ」です。
たしかに障害は不自由ですが、
不幸ではありませんでした。
しあわせも、ふしあわせも
現実の環境に対してではなく、
その環境のプラス面に
どれだけ目を向けることができるか、
その自分の心だと思います。



歩けないことを不幸と嘆くか、
生かされ、障害者としての醍醐味を
味わう心が持てるか・・・かもしれません。



苦しい人のきもちに寄り添えるのは、
たくさん泣いた人間で、
いまを楽しんで生きている人・・・
のような気がいたします。



醍醐味という言葉を
嫌う人がいるかもしれません。
ならば、「福」と呼びましょうか。
・・・でも、まほは障害者にならなければ、
ブログをやり、詩を綴ることは
なかったでしょう。



神さまは
「まほ」にピンチを与えたけれど、
それ以上のチャンスと、
「まほ」を助けてくれる協力者を
近くにご用意くださった・・・と感謝です。




2012.06.18 まほ



※もうひとつのブログ
ありがとうはまほ(う)のことば (6/15更新)
http://mahonoai.exblog.jp/15569757/




お勧めできません、あしからず

みなさん、おはようございます。
56歳と200日目の朝です。
もう56歳も半分すぎ57歳へと向かっています。
歳を重ねられることを感謝し、
今日も楽しいこと探していきますね。


かいた・かいた・かいた
http://mahonoai.exblog.jp/11140790/



「それは・・・ススメない」


「アレもコレも
  ほしがるなよ」という
声が聴こえた


相田みつをさんの
言葉である


そうだよなぁ〜と
思いつつ


見なくても
いいものを
見てしまい


見なくっちゃ
アカンものを
見ておらん


聴こえなくても
いいことを
聴いて


聴こえないと
アカンことを
聴きもせず


パンクした
自転車で
海を
見にゆこうなんて
無謀すぎるのと
ちがうんか



人生はたくさんのわかれ道があり、
Aを選んだら100%正解で、
Bならば間違い、
ということは絶対にない。

どちらを選んでも、
フィフティ・フィフティで正しかったり、
間違っていたりする。
犯罪なんかは別にしても、
「正しい」「間違い」ということを100%で
言い出すようになってしまったら、
ものすごく窮屈になる。

(みんなのなやみ2、重松清)

2012.06.11 まほ



※もうひとつのブログ
ありがとうはまほ(う)のことば (6/8更新)
http://mahonoai.exblog.jp/d2012-06-08/




あなたの望みがかないますように・・・

みなさん、おはようございます。
56歳と193日目の朝です。
いよいよ6月になり、もうすぐ梅雨ですね。
蒸し暑さが苦手なまほには
汗の季節になりそうです。
普段は汗をかかない「お嬢さま暮らし」ですが、
明日はリハビリ、踏ん張ってきますね。



「勝手に想うべからズ」


外に出かけないことを
「引きこもり」と
名付けた人がいる


そうして
引きこもりは
「ダメな人間だ」と
考えた人がいる


だれが
駄目と言ったのか


そう思っているのは
オマエ自身じゃないのか


2010.04.10 



選ばれて 
http://mahonoai.exblog.jp/8644927/


人は誰でも荷物を持っていて、
その荷物を
捨てるわけにはいかない。
一生、それを持って
歩かなければならない。
たとえば、自分の躰が荷物だし、
自分の周りの人たちも荷物になる。
自分も誰か他の人の荷物になる。

僕はつい最近まで、
僕たちの持っている障害が
とてもやっかいで
重いものだと考えていた。
人よりも
努力しなければならないのは
不公平だとさえ思っていた。
しかし、険しい山に登ったり、
わざと困難なことに
挑戦する冒険家は、
そんな荷物をいつも探している。
荷物があることが大切なのだ。

(卒業文集、森博嗣)

2012.06.04 まほ



※もうひとつのブログ
ありがとうはまほ(う)のことば (6/2更新)
http://mahonoai.exblog.jp/d2012-06-02/




ありがとう、感謝しています

みなさん、おはようございます。
56歳と186日目の朝です。
だんだん暑くなって来ましたね。
「寒い、寒い」と文句をいっていたというのに・・・ね。
また週一でゆっくりつぶやかせて頂きますね。



26日は、まほの命の恩人の42歳のお誕生日でした。
気管切開した人工呼吸器が手術後7ヶ月入っていたので、
その取り外しが行われたのが、
先生の30歳のお誕生日でした。



先生は私が命の恩人と呼ぶことに、
「ちがいますよ」とおっしゃるけれど、
ここまで再起できたのは先生のお陰様なのです。
リハビリの先生に、車椅子で生活できるように、
機能回復をお願いして下さったし、
アタマが壊れないように、面会謝絶ながら
親しい人の入室を許可し、脳への刺激をくださいました。



それらのことがなかったら、
今のまほは存在しませんでした。
本当にありがとうございました。
先生のご家族のおしあわせを、そおっと祈っています。。。



炎 http://mahonoai.exblog.jp/8759341/


私は、生きているということは、
自分一人がここに存在して、
ただ呼吸をしているのではなく、
いろいろな人と出会って、
怒ったり、笑ったり、悲しんだり、
苦しみを分かち合ったりして、
相手の心や周りにいる人たちの心を、
ちゃんと感じられることではないかと思うんです。
[渕上貴美子]
(一流たちの金言2、藤尾秀昭)

2012.05.28 まほ



※もうひとつのブログ
ありがとうはまほ(う)のことば (5/25更新)
http://mahonoai.exblog.jp/d2012-05-25/



時には現実逃避オッケーですよぅ

みなさん、おはようございます。
56歳と179日目の朝です。
お休み中、たくさんのお☆様やコメントを頂き、
ありがたく拝読しました。
また週一でゆっくりつぶやかせて頂きますね。



わたしは元気になって来ました。
一旦できるようになって、
加齢でできなくなっていくさまに、
戸惑い、逃げ場を作りました。
「逃げてはダメ」という思いの逆をし、
逃げてみました。
逃げてみてわかったことがあります。



老いや病気を悪者にするけれど、違うということ。
できないことを体験してこそ、ありがたさが沸く。
60代ってきっと素敵に生きられる歳。
3回目の成人式(還暦)で、
さらに生きやすい自分と出会えそうです。
人生楽しんだもん勝ち。



加齢への戸惑いも、
「できることを増やすより、楽しみを増やそう」という
斎藤茂太先生(今年96歳)の言葉が心に響きました。
先生のご著書「老いへの身辺整理」読み出しました。
50代からでも早すぎません。
気力・体力がある今から準備することは、
心の余裕を生むいい生き方だそうです。。。




自分の心が辛くなるのは・・・
http://mahonoai.exblog.jp/14083180/
歳を重ねたら・・・どうなる?
http://mahonoai.exblog.jp/10956345/


忘れるな。卵は
自ら割れれば生命になるが、
人が割れば料理の材料だ。

「自分の仕事」をしろ。
そして、「明日」が導く人生を生きろ。

(つらいから青春だ、キム・ナンド)

2012.05.21 まほ



※もうひとつのブログ
ありがとうはまほ(う)のことば (5/20更新)
http://mahonoai.exblog.jp/d2012-05-20/